「隣にいていて当たり前だと思っていた…」

 

こんな言葉、使いたくないものです。

 

夫婦でも、結婚前のカップルでも、ある程度の長い期間、それも人によって時間感覚は違ってくるとは思うものの、男女の関係に、「倦怠期」「マンネリ状態」「すれ違いが多い」といった状態になることは、少なからずあるのではないでしょうか。

 

そういう状況って、もちろんすべてとは言いませんが、ちょっとだけ、夜の生活、夜の営み、といったことを思い起こしてみてはいかがでしょう。

 

なにか心当たることはないでしょうか。

 

ある40代の男性の話です。

 

ある夜、行為が終わってから横になっていると、「若い子は終わってからも立ちっぱなしなのよね…」と呟いたということです。

 

これにはその方も驚いたのですが、なにか悶々としたものを感じ、真意は分からないままにしている、ということでした。

 

真実は、今もその奥さんしか分からないままですが、ここまで強烈な?出来事ではないにしても、そういう行為の時は、ある程度、意識の縛りがゆるくなるので、本心とか普段は奥にしまってある気持ちが、ふっと出てくることがあるようです。

 

そういう意味で、倦怠期、マンネリ、すれ違い、といったキーワードに、少しでも反応する自分がいたなら、奥さんや彼女の言動や雰囲気を思い出してみて欲しいのです。

 

実は、夜の営みの中に、倦怠期、マンネリ、すれ違いの、何がしかの一因がある場合って、かなりの確率であるようなのです。

 

考えてみれば、いくら意識や理性が発達していると言っても、やっぱり人間も動物と言えるわけで、なかなか考えの及ばないことが、普段の生活、関係性に、知らない間に現れてくるのことがあるものです。

 

夜の生活を、少しだけ充実したものにしてみる試みは、実はとてもら大切なのかもしれません。

 

大問題になる前に、少しずつ動き始めてみることをお勧めします。

 

現在の男性用サプリ、精力増強、サイズアップのサプリで注目なのが、なんといってもペニトリンでしょう。

 

とくに、倦怠期、マンネリ、すれ違い、といったワードに心当たる方には、取り返しのつかないことになる前に、是非おすすめしたいサプリです。

 

詳しくはこちら・・・

ペニトリン